メンズファッションにおける正しい流行の取り入れ方を徹底解説!

ryuko1w正しい流行の取り入れ方を覚えて
いい男になりましょう!というお話の回です。
流行より前に、自分に似合うことがまず第一に来て
そこからレベルアップした
「おしゃれ」を取り入れるのに
「流行」を取り入れるという段階に入るのが理想です。

流行は変わるから、合わせる必要がある

うまいメンズ服の着こなし法でも解説したけど
いまどき感…略して「イマ感」が出ているということは
流行を取り入れているという言い換えと言っても良いですね。

例えばですけど、俺の学生時代…
2000年前後は、いまの雰囲気と違うものがありました。。

有名人の髪型、服、靴、アイテムなどなど。

いまとは、ちょっとずつ違ってきている。
でも、数年前と180度違った流行でガラリと変わるかと言われたら
そういうわけでもないことは、わかるでしょう。

身の回りの物事では、変わるものと変わらないものがあって
それは、1年単位で見ていくとしたら
そんなに、大げさにトレンドが変わるなんてものはないです。

でも、ファッションに限っては四季があります。

四季というサイクルにおいて、
ファッションは、重要な役割を果たしてて

  • 寒暖によって着る服を変える
  • 寝るときに着る服を変える
  • 気分によって着る服を変える
  • 時や場所によって着る服を変える
  • 目的によって着る服を変える

私たちが来ている服は、当たり前のようになってて気づかないでしょうけど
雰囲気を変える服をたくさん持ってて使い分けるのは
当たり前化している現状があるんです。

夏は薄着になるし
冬は厚着にになります。

着る服のデザインの流行が
180度大きく変わるようなことはないけど
目的によって、来ている服の
雰囲気は変えているはずです。

ビジネス・仕事のために
スーツを着ることもあるでしょう。

デートのために普段より
煌びやかな服を着ることもあるでしょう。
自然と時期や場合に合わせて
スタイルが変わることも
流行を取り入れている一種と言えるんですよ。

 

流行では、イマ感が大事

『イマ感』を取り入れられたら流行を
取り込んだと思って良いといいましたが、
具体的に、どういうものが流行になるか、
いくつか事例をだしますね。

koshipan

その年ならではのアイテム、着こなしの事例に
【腰パン】というものがあった。一時期、めちゃくちゃ流行って
こういうのを「カッコイイ」という風習があったんですけど…

いまこの格好をすると、ほとんどの人は
だらしなく見えるという風潮に変化してきています。

これが流行は、生まれたが
いまは違うようになったという一例です。

ここまで極端にわかるような変化は、あまりないですけど
ファッションに詳しいやつからしたら、

1年1年にしっかりとした流行を読み取り
去年と今年は違うということをしっかり認識しています。

「○○年は、ネイビーカラーが主流だ!」
「○△年は、ワインカラーが大人気!」
「今年は、こういうコーディネートが流行る!」

流行には、必ず去年と違うテイストが入ってくる
メーカーの策略もあるんだろうけど、
ファッションの世界では、同じ「春」であったとしても
「今年の春」と「去年の春」は違うってことです。

流行のことは、理解できたかな?
では、正しい取り入れ方の話に移りますね。

いままでの服に20%の変化を取り入れるべし

流行を取り入れるのを
間違ってはいけません。

流行を無視するのもいけないが
去年来ていた服をすべて捨てて
100%買い換えるみたいなことも
全くスマートではないのです。

だから、いままでの服に対して
去年に対し最低20%の
変化をつけるいいですよ。

イイ男はみんなそうしてますしね。

新しい流行のテイストがちょっと入っていればかまわない!
これが、わたくしヒラケンが分析した答えです。

具体的には「最低20%ですね!」

もちろん、全部変えたい人は全部変えるのもアリ。
でも、去年着た服もまた、活かせる男が
センスあふれるイイ男になる第一歩であると思っています。

これだけでも、新しさやおしゃれを感じることはできる。
そして、もちろん、まわりの人たちも「イマ感」を感じてくれているはずですよ!

20%というのは、今来ている服の
1着を新しく変えると思ってもらってもいいですね。

  • アウター
  • インナー
  • パンツ
  • 装飾アイテム

この中から、1つを変えるといいだけです。
ちなみに、俺はメガネ男子が流行った時から
ずっと変えていないものもある。それはメガネです。

arashi

見方によっては、嵐のリーダーである「大野くん」が
メガネをかけたときの姿にそっくりだと、彼女から言われたのを
気に、このメガネを常に愛用するようにしています。

流行によって、変化を取り入れるのは当然ですけど
自分に似合っているトレンドになるようなものは、
ずっと残しても構わないです。
こういう風に、流行を考えてもらえると大丈夫でしょう。

流行もだけど全身コーディネートのことも考える

今の手持ちの服と合わせるとしたら
どの服と合わせたら、似合いそうかなというのを
考えることを忘れないようにしましょう。

例えば、新しいシャツを買ったとして
既に持っているパンツと組み合わせるだけでも
全体の雰囲気が、ガラリと変わって新鮮に見えます。

これだけでも、十分に新鮮で
流行を取り入れていると考えてもらってOKなんです。

ちなみに、服の寿命はどんなに粘っても5年だ。
いくら前に買ったものを活かすとはいっても
5年も着まわすと痛みが出ているはずですし

さすがに、今に似合わないはずだから
あまり古着に固執しないようにも注意してきましょう。
全身コーディネートでどういう印象になるかが
最終的には、大事になるということです。

覚えておいてくださいね。
ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ


最旬のメンズファッション大特集

興味のある画像をクリックしよう!!メンズファッション通販ショップで組まれている特集の中でも、管理人のヒラケンが良かった内容を独断でピックアップしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ