ウールパンツの最適な着こなし術

wools
ボトムの中でも、コーディネートをする際に
一番汎用性が高いのがウールパンツです。
オン・オフで活躍できるので、
1本は持っておくと便利でしょう。

ウールパンツの特徴

ウールは、夏は涼しく、冬は暖かくしてくれる素材です。

ウールパンツは、緩んだ感じが出るため
疎遠する人もいますが、軽量で吸水性もあるので
通年着れる快適なアイテムであることを知っておきましょう。

通年着れるアイテムだが、春夏は薄手の素材
秋冬は、厚手の素材のウールパンツがありますので
その点も理解しておきましょう。

ウールパンツを上手に着こなすコツ

upant

細身のサイズを意識

ウールパンツはゆったり感が出るので
サイズが合わずに大きすぎたりすると
残念な雰囲気を出してしまうことになりかねません。

細身のシルエットになるようになるために
布などの折込のないノータックで
センタープレス(パンツのセンター部分にアイロンを当てて、折り目をつけたパンツ)が
あることが基本です。

裾幅は、20cm前後が相場だが
自分に似合ったシルエットを見つけれることが
ウールパンツを選ぶ上で一番大事になります。

春夏秋冬で色を変えよう

ウールパンツは通年使えるボトムですが
春夏は、ライトグレーで明るい色の方が
アウターとのコーデと組み合わせやすいですし

秋冬は、ミディアムグレーで濃い目の色で
合わせていくと、着まわしやすいことでしょう。

最近は、ベージュなどのカラーも出ているが
まずは、グレー系の色を1本選んでおくほうが無難です。

裾の折り返しについて

パンツの丈は、長すぎず短すぎないように注意。
また、裾の折り返しは4cm程度が一般的だが
アナタが履く、靴の底幅とかで変わってくるので
臨機応変に調整するようにしましょう。

ウールパンツのコーディネートのコツ

yuttari

見てもらったらわかるように
ウールパンツはゆったりしているので
全体として、柔らかい優しい印象を与えれます。

また、ちょっと太り気味の人でも
体型に違和感なく取り入れることができるのも特徴です。
だからこそ、サイズ選びだけは身長にお願いしますね。

アウトドアで動きやすいので
近所でのバーベキューとかちょっとした集まりで
気軽なお出かけや集まりでウールパンツは重宝することでしょう。

以上で、ウールパンツの着こなし講座は終わります。


ソーシャルメディアで紹介してもらえると嬉しいです

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事はお役に立てましたか?もし、仮に あなたのお役に立てたのであれば、他の方のお役に立てるかもしれません。

1人でも多くの方にこの記事を読んでいただくことが、 より良い記事を書くモチベーションとなりますので、 SNSで記事を紹介をどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ


最旬のメンズファッション大特集

興味のある画像をクリックしよう!!メンズファッション通販ショップで組まれている特集の中でも、管理人のヒラケンが良かった内容を独断でピックアップしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ